カテゴリー: 業務処理のあそこ

CSSを作成する際には、ブラウザごとで、表示結果が違うことを考慮しなければなりません。
そこで、リセットCSSというものを適用することになりますが・・・
少し前までは、*{margin~} という何でもかんでもリセットする方法がはやったようですが、
最近そちらは、「あまりよろしくない」ということになっているようです。
WEBの世界は、「みんなで使って、どんどんいいものにしていこう!」の方針で物事が進みますので、
当然あちらこちらに「使ってね」とリセットCSSが公開されています。
参加したセミナーでは、「Yahoo」のリセットCSSを使いました。
リセットCSSの人気ランキングのページもあります。

ソフトやさんの総務のお仕事を始めてはや**年 

総務としての業務知識が皆無に等しく、パッケージソフトといわれる業務ソフトと

士業といわれるアウトソーシング先の担当者の方には大変お世話になりました。

そして、自社内のシステム・・・・

いわゆる当社で言うところの、「業務処理」というところです。

まず、2003年にWORD・EXCEL等をかじって、マンパワーで請求処理・掛金管理などを行おうとした私がパンクしました。

ええそうです。わけがわからなくなってきたんです。

どだい私一人が頭で処理できるデータ量なんて知れてるんです。

そこで、ありがたい「業務処理」をソフトやさんが作成してくださいました。当社仕様で。

これで、いちいち請求書の宛先を確認しなくていいし、

新規発行なのか再発行なのか、入金日はいつなのか?

支払先はどこで、いつで、いくらなのか?

なんていちいち担当者に確認しなくて済むようになりました。

「え~~~?」たったそれだけのことができないの?毎回担当者に確認すれば済むじゃん!

なんて言わないでください。

毎月毎回毎週毎日 同じ内容を人に確認するんですよ。

ソフトの開発してる人なんて忙しいのに、まともに答えてくれませんよ。

「やっといて!」でお客様に請求書は届かないし、

当然お客さんは支払ってくれないんですよ。

知ってました?

コンピュータは、実に辛抱強くまじめに情報を覚えていてくれます。

担当者のPさんが入力した情報を素直に総務に教えてくれます。

何て素晴らしいパートナーなんでしょう。

ということで、当社の業務処理が最初にリリースされてから、はや7年もたったんですね。

ソフトやさんが、いろいろな機能も追加してくださっています。結構便利に使えますよね。

・・・・・・が、一向に進歩しない手続きが1つあるんです。そう、あそこです。

「各種雛型ダウンロード」のページ

ひどい、ひどい、と言われ続け、最近では「あ~ぁ」というため息の元に綴じられるリンク切れ画面。

何とかします。

ソフトやさんに相談すると、「CSSを使って作成するとよい!」という回答が返ってきましたので、

やってみることにしました。

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30